Publication list 

​​▶︎​▶︎▶︎  所長 奥田逸子の実績

寄稿・講演等

2020年08月03日

記者発表登壇:新スキンケア商品発売に伴う、皮膚構造やSMASに関する講和

2020年01月15日

講演:重力からバストを守ること.  「重力からバストを守る」カンファレンス

2019年12月05日

Scientific presentation :The assessment of the anatomical configuration of thoracic duct at the jugulo-subclavian junction using magnetic resonance thoracic ductography.RSNA 2019, in Chicago, USA

2019年11月22日

講演:アミノ酸負荷による表情筋に関する新エビデンス.第2回アミノ酸プライムミックス研究

2019年11月16日 

ワークショップ  乳房:乳房の解剖.加齢画像研究会第8回学術集会

2019年11月16日 

シンポジウム 顔面の加齢性変化:加齢容貌の内部構造.加齢画像研究会第8回学術集会

2020年10月25日

座長:日本の美女の変遷発.日本香粧品学会第44回教育セミナー

2020年10月05日

講演:画像でみるAging.国際医療福祉大学セミナー

2020年07月14日

シンポジウム 見た目の科学とアンチエイジング:体型・ダイエット.第19回日本Men’s Health医学会 

2019年05月30日 

教育企画:リンパ管のIVR.Thoracic Duct Evaluation by MR -Thoracic Ductography (MRTD).第48回日本IVR学会総会 

2019年04月21日 

教育セッション:リンパ管の画像診断:美しい MR lymphangiography を撮影するには.第5回日本穿刺ドレナージ研究会

2019年04月14日 

ランチョンセミナー.骨盤臓器脱の画像診断 ~閉経後性器尿路症候群(GSM)に対する腟レーザー治療効果を含めて〜.第71回日本産科婦人科学会学術

2019年02月23日 

Symposium Lymphatic System Intervention:Thoracic Duct Evaluation by MR -Thoracic Ductography (MRTD).JET2019

2018年11月29日 

Scientific presentation:Basic Consideration of Facial Aging. Anatomic and MR Imaging Analysis of the Nasolabial Fold (NLF)s.RSNA 2018, in Chicago, USA

2018年11月25日 

Education Exhibits:MR Imaging Evaluation for the Risk of Pelvic Organ Prolapse (POP). Focus on Pelvic Floor (PF) Configuration and Aging.RSNA 2018, in Chicago, USA

2018年11月21日 

講演:筋肉老化によるたるみ改善.第1回アミノ酸プライムミックス研究会プレスセミナー

2018年11月21日 

講演:加齢による顔面のたるみと筋肉老化に関する基礎的研究.第1回アミノ酸プライムミックス研究会プレスセミナー

2018年11月03日 

ランチョンセミナー:閉経後性器尿路症候群(GSM)の画像診断:骨盤底加齢を診る.第33回日本女性医学学会学術集会 

2018年11月02日 

座長:加齢による皮膚を非侵襲的に観る.日本香粧品学会第43回教育セミナー

2018年10月13日 

特別講演:顔面加齢を画像診断学的にみる.加齢画像研究会第 7 回学術集会

2018年10月13日 

基調講演:骨盤底加齢の画像診断学的評価 -骨盤部 MRI を用いた骨盤内臓脱の予測因子の検討- .加齢画像研究会第 7 回学術集会

2018年03月13日 

アンチエイジング最前線 放射線診断学から見たアンチエイジング.形成外科 61(3):307-314, 2018

2017年12月21日 

顔面加齢を画像解剖学的に考える -皮下組織構造に基づく容貌変化の評価-.シャネル・ジャパン社内勉強会

2017年12月01日 

Scientific presentation:Basic Consideration for Facial Aging. Anatomic and Radiological Analysis of the Superficial Musculoaponeurotic System (SMAS).RSNA 2017, in Chicago, USA

2017年11月26日 

Education Exhibits:Highlight the Importance of the Levator Ani (LA) Muscle.RSNA 2017, in Chicago, USA

2017年10月21日 

顔面加齢の CT・MRI 診断 ~若さと老いの内部を読む~.加齢画像研究会第6回学術集会・第21回臨床解剖研究会共催学術集会 

2017年10月12日 

座長:育毛薬剤の開発と評価方法.日本香粧品学会 第42回教育セミナー 

2017年09月10日 

講演:見た目からここまでわかる 顔面加齢に対する画像診断学的分析.第11回見た目のアンチエイジング研究会

2017年07月30日 

シンポジウム 非侵襲機器による美容皮膚科 しわ・たるみ・痩身:目元の若さと老い. 三次元CT・MRIよる内部構造の診断.第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 

2017年06月25日 

講演乳がん検~検診受診率.第2回とかち乳腺会議

2017年05月26日 

座長:見ため(皮膚・容貌・体型).第18回日本抗加齢医学会総会

2017年02月01日 

顔面のアンチエイジングに対する画像診断学的支援 CT・MRIによる解析.アンチ・エイジング医学 13(1): 27-35, 2017

2016年12月25日 

顔面加齢の画像診断.画像診断; 37(1):99-106, 2016

2016年12月08日 

現場で働くセンシング 抗加齢とセンシング.顔面の抗加齢:三次元CT・MRIで若さと老いの内部構造をみる.ViEW20162016年12月08日 

2016年10月25日 

シンポジウム「 老化の真実 ―解剖、画像、治療―」:顔面老化に関与する皮下構造の画像診断学的解析.第39回日本美容外科学会総会 

2016年10月08日 

教育講演:顔面加齢に対する科学的・客観的評価.第5回加齢画像研究会 

2016年07月31日 

講演:顔面美容への画像診断学的貢献:CT・MRIによる顔面のたるみの皮下構造解析.第4回 美フェス2016 in Kansai 

2016年07月10日 

加齢医学講座:顔面加齢に対する科学的・客観的評価.第2回加齢皮膚医学研究会 

2016年07月07日 

Plenary Lecture:Imaging Anatomic Analysis for the Superficial Musuculoaponeurotic System (SMAS).The 32nd Annual Conference of Chinese Society for Anatomical Sciences (CSAS) joined with 3rd Congress of Asian Association of Clinical Anatomists (AsACA) in Jinan, China

2016年07月07日 

Chairperson: Plenary Lecture.The 32nd Annual Conference of Chinese Society for Anatomical Sciences (CSAS) joined with 3rd Congress of Asian Association of Clinical Anatomists (AsACA) in Jinan, China

2016年06月20日 

Symposium:Imaging Anatomic Analysis for the Superficial Musuculoaponeurotic System (SMAS).The 17th Annual Meeting of Society for Photoaging Research 

2016年06月12日 

シンポジウム 見た目とその対策:容貌の変化の科学的・客観的な評価手法.第16回日本抗加齢医学会総会 

2016年04月15日 

シンポジウム 抗加齢医学と形成外科:CT・MRIによる顔面加齢の皮下構造の解析.第59回日本形成外科学会総会・学​術集会 

2015年11月29日 

Education Exhibits: Anatomic Radiological Evaluation of the Supporting Structures of the Pelvic Floor in Women -Risk Assessment of the Pelvic Organ Prolapse (POP).RSNA 2015, in  Chicago, USA

2015年11月22日 

講演:体の中から顔面老化を知る: 画像で知る加齢変化.第10回 日本美容抗加齢医学会 

2015年11月20日 

Magnetic Resonance-Thoracic Ductography (MRTD)によるリンパ管画像の進歩と診断への応用.細胞 47(13): 15-18, 2015

2015年10月30日 

座長:マンモグラフィ2.第25回日本乳癌検診学会学術総会 

2015年10月17日 

座長:ワークショップ<骨盤底の加齢性変化の指標を探る>.第4回加齢画像研究会 

2015年10月17日 

シンポジウム 顔面:顔面加齢を内部構造から考える.第4回加齢画像研究会 

2015年07月20日 

セクション 見え方と歳:顔面加齢に対する画像診断学的分析:エイジングの内部構造を読む.第9回 見た目のアンチエイジング研究会 

2015年06月09年 

学術発表:Anatomic imaging analysis for the facial structures affect facial aging.American Association of Clinical Anatomists (AACA), 32th Annual Meeting, in Nevada, USA

2015年05月30日 

シンポジウム 見た目研究の最前線:顔面加齢のメカニズムを解剖学的・画像診断学的に考える.第15回日本抗加齢医学会総会 

2014年11月30日 

Education Exhibits: Imaging Impact for Facial Aging “Clinical Application”: Utilize of CT/MRI for a Clinical Understanding of the Facial Aging.RSNA 2014, in  Chicago, USA

2014年11月30日 

Education Exhibits: Imaging Impact for Facial Aging “Basic Consideration”: CT and MR Imaging Description Based on Anatomic Knowledge.RSNA 2014, in  Chicago, USA

2014年11月08日

学術発表:Basic Consideration of the Facial Aging: Anatomic and Imaging Analysis for the Nasolabial Folds.Asian Joint Congress of Clinical Anatomy: 2nd Congress of Asian Association of Clinical Anatomy, 18th Congress of Japanese Research Society of Clinical Anatomy

2014年10月22日 

顔面美容への画像診断学的貢献:CT・MRIによる顔面のたるみの皮下構造解析.第5回化粧品開発展 -COSME Tech 2014 

2014年10月18日 

教育講演:画像から見る顔面加齢.第3回加齢画像研究

2014年09月24日 

学術発表:Imaging anatomic evaluation of the facial aging: Analysis for the Nasolabial Folds.The 15th Asian and Oceanian Congress of Radiology, AOCR 2014

2014年06月25日 

顔面のたるみの画像解析技術の最前線. COSMETIC STAGE 8(5): 6-10, 2014

2014年06月07日 

シンポジウム 皮膚皮下組織の老化メカニズムと対策:顔面加齢のメカニズムに対する画像解剖学的評価と抗加齢医学への貢献.第14回日本抗加齢医学会総会 

2013年11月30日 

シンポジウム CT画像解析:顔面加齢の加齢性変化に対する画像診断学的評価と貢献.第23回日本シミュレーション外科学会 

2013年10月18日 

教育講演:画像診断学的解析による顔面加齢の評価.第2回加齢画像研究会

2013年07月30日 

表情筋のCT:加齢医学・美容医学への応用.映像情報Medical 45(8): 94-99, 2013

2013年07月20日 

講演:顔面加齢に対する画像診断的解析.日本放射線科専門医会・医会(JCR) 2013ミッドサマーセミナー 

2013年07月01日 

ハイリスク乳癌に対する乳癌検診をどうするか“乳がん発症ハイリスクグループに対する乳房MRIスクリーニングに関するガイドライン”の解説.日本乳癌検診学会誌  22(2): 198-202, 2013

2013年06月30日 

シンポジウム 抗加齢美容医療の基礎医学:画像診断学的解析を用いた顔面加齢メカニズムの解明.第13回日本抗加齢医学会総会 

2012年11月25日 

パネルディスカッション:顔面の加齢性変化に対する画像診断学的解析.第7回日本美容抗加齢医学会 

2012年11月09日 

パネルディスカッション: “乳がん発症ハイリスクグループに対する乳房MRIスクリーニングに関するガイドライン“の解説.第22回日本乳癌検診学会学術総会

2012年10月14日 

特別講演:三次元CTによる顔面加齢の評価.第1回加齢画像研究会 

2011年08月05日 

マンモグラフィ遠隔画像診断の現状.これからの乳癌診療2011-2012. 第1版, 金原出版, 2-6

2011年08月01日 

デジタルマンモグラフィにおける遠隔画像診断の現状と課題.INNERVISION 26 (8): 19-21, 2011

2011年02月18日 

ランチョンセミナー:顔面加齢、それは画像でも説明できる.第30回日本画像医学会 

2010年11月28日 

Education Exhibits:Facial Muscles Affect Facial Aging: Does Imaging allow diagnosis of Facial Aging?.RSNA 2010, in  Chicago, USA

2010年11月28日 

Education Exhibits:Surgical Manifestations of the Breast on Chest Radiograph: Pictorial Review of Common and Uncommon Radiological Findings.RSNA 2010, in  Chicago, USA

2010年03月01日 

マンモグラフィ検診の二次読影における遠隔画像診断の有用性に関する検討.日本乳癌検診学会雑誌 Vol.19 No.1: 35-40, 2010

2009年11月29日 

Education Exhibits: Magnetic Resonance - Thoracic Ductography (MRTD): Depiction of the Thoracic Duct Configuration by Magnetic Resonance Imaging (MRI) and Embryological Description of the Thoracic Duct Variations for Thoracic Surgery.RSNA 2009, in  Chicago, USA

2009年11月29日 

Education Exhibits: Non-Neoplastic Lesions of Breast Imaging: Typical Lesions and Atypical Lesions mimicking Malignant Lesions.RSNA 2009, in  Chicago, USA

加齢画像研究所 ONI

© 2020 Optimal Neo Imaging (ONI)